フレキュレルは口周りのシミやそばかす黒ずみケアに使える?

いつのまにかできていた口まわりの黒ずみ…。

昔はなかったし、普段はお化粧をしているからそんなに目立たなかったけど、明るい光のもとすっぴんを見てみると…。

ど、泥棒…!

なんて思った方がいらっしゃるかと思います。

なぜ口のまわりが黒くなってしまうのでしょう、そして改善するためにはどうしたら良いのでしょうか。

今回は、お口まわりの黒ずみ、シミ、そばかすの原因と対策にオススメの「フレキュレル」をご紹介したいと思います。

まず、口のまわりが黒ずんだり、シミ、そばかすができる原因は何なのでしょうか。

1つに、紫外線が挙げられます。

最近浴びた紫外線でなくても、恐ろしいことに紫外線とは蓄積していくもの。

昔日差しなど気にせずに遊んでいた頃の紫外線は、思い出と共にあなたのなかに残っています。

溜まった紫外線はメラニンとなり、色素沈着をひき起こします。

原因2つ目に挙げられるのが、うぶ毛剃りなどの刺激です。

1の紫外線でも、口まわりに色素沈着が起こり目立つのは、口回りの皮膚が薄くて弱いからです。

うっすらと生えたうぶ毛が気になるからとカミソリでケアしていると、これもメラニンが過剰に生成される原因となってしまうのです。

どうしても濃くて剃らないと、という方は、ダメージを受けた後に紫外線を浴びないためにも夜に行ったり、ケアした後はしっかりと保湿をしてください。

そして3つ目に考えられるのが、乾燥です。

乾燥は、口回りを舐めることでも起こります。

大人の方は少ないかもしれませんが、口まわりが乾燥するとバリア機能が低下し、1や2のような刺激によるダメージをより受けやすくなってしまいますので、気を付けましょう。

そこで、口まわりの黒ずみ、シミ、そばかす予防と対策に重要なのが、保湿です。

フレキュレルは、メラニンの抑制とメラニンの排出という黒ずみ対策にダブルの効果があり、使用者92.7%の方がその効果を実感しています。

その理由は、含まれている成分にあります。

フレキュレルには、メラニンの生成を抑止するトラネキサム酸、メラニンの合成をストップさせるアルピニアアカマツダイ種子エキス、メラニンを排出するスクワラン、メラニンの生成を阻止するバイオベネフィティ、メラニンが移動するのを阻害するタイムエキスなどメラニンの動きと作用にフォーカスした成分が豊富に含まれています。

さらに、嬉しいことに肌が薄くて敏感な口まわり、目わまりにも安心して使える、香料・着色料・タール系着色料・紫外線吸収剤・パラベン・鉱物油フリーの処方です。

黒ずみ改善をするためには、お肌のターンオーバーが大切です。

しかし、20代が平均20日程度でお肌の生まれ変わりが起きるのに対し、年齢を重ねるごとにそのスパンンはどんどん長くなっていきます。

40代では55日、50代では75日と言われているほど、なかなかお肌の再生が難しくなっていくのです。

フレキュレルはそんな乱れたターンオーバーをサポートし、肌の排出から再生まで働きかけてくれます。
フレキュレルの口コミの本音!そばかすが薄くなる理由

口まわりが明るくなると、口角が上がって見え、自然と笑顔に見えるそうです。

よどんで見えてしまう、口まわりの黒ずみ、シミ、そばかすをフレキュレルで改善して、明るい表情を取り戻してくださいね。

公式サイト↓
種類2

us