ほうれい線と笑いじわの見極め方とシワ対策を教えて!

鼻の脇から口元にかけての深い溝が目立ってくると、実年齢より老けて見えてしまいます。

しかも、10歳は老けて見えるというのだから恐ろしいですね!

毎日お化粧品を使ってケアをしているのに、なかなか改善されない深い溝。

実は、この溝が『ほうれい線』なのか『笑いジワ』なのかによって、お手入れの方法が違ってくるのです。

まずは、『ほうれい線』と『笑いジワ』の違いを知ってください。

ーほうれい線と笑いジワの違いー

ほうれい線は、シワではなく頬の境界線のことです。

肌の弾力を保ち、土台となっているコラーゲンが、加齢や紫外線の影響により減少し、徐々に皮膚を支えられなくなると、頬がたるんできます。

すると、頬の境界線が目立ち、できた陰のラインが『ほうれい線』です。

コラーゲンの減少の他、頬杖をついたり、左右どちらかの歯だけを使って食事をする癖があると頬の筋肉のバランスが崩れて、たるみの原因になります。

次に、笑いジワは、頬の境目の陰のラインとは違い、皮膚に定着してしまったシワのことです。

年齢と共に、肌のコラーゲンや水分量が減少し、乾燥肌になると笑った時にできる表情ジワが定着しやすくなります。

肌の水分量が多いとシワは定着しにくいので、夏場は目立たなくても、冬になって空気が乾燥すると笑いジワが目立つ人もいます。

簡単にまとめると、

●ほうれい線は、たるみが原因の陰のライン

●笑いジワは、乾燥が原因の定着したシワ

ということです。

ーほうれい線と笑いジワの見極め方ー

見極め方として私が実践しているのは、仰向けに寝転んで手鏡を見ることです。

仰向けに寝転ぶと、ほうれい線の場合は、薄くなり目立たなくなります。

笑いジワの場合は、重力に関係なく肌に刻まれているので、薄くなったり目立たなくなることはありません。

他には、表情を動かさなくても見えるものが、ほうれい線。

笑ったりしたときだけ見えるものが、笑いジワという見極め方もあるようです。

ーほうれい線対策ー

ほうれい線は、たるみが原因なので、頬の筋肉を鍛えることが効果的です。

日常の中で出来ることは、

●食事の際によく噛んで食べましょう。

●話すときは意識して大きな口を開けて、口元の筋肉を動かしてください。

よく笑うことで、顔全体の表情筋を動かしましょう。

●血行不良を解消し、硬くなった筋肉をほぐしましょう。

●頬杖や、左右どちらかの歯だけで噛んで食べるなどの悪い癖を止めて、筋肉のバランスを改善してください。

●肌の保湿やリンパマッサージを行い、ハリのある肌をつくりましょう。

マッサージの際は摩擦によるダメージを与えないよう、優しく丁寧に行ってください。

次は、笑いジワの対策です。

ー笑いジワ対策ー

笑いジワは、乾燥が原因なので、肌を充分に保湿をすることが効果的です。

●寝る前に、口元に美容成分の入ったオイルや美容液を塗り、優しくマッサージをして、寝ている間の乾燥を防ぎましょう。

●外出時に乾燥が気になったら、リップクリームを笑いジワのラインに沿って薄く塗ってなじませると乾燥が改善され、目立たなくなります。

以上、日常で出来る対策方法をあげましたが、もっと簡単に、ほうれい線や笑いジワが目立たなくなると良いですよね。

実は、『塗るだけでシワケア』と人気の美容液があるのを、ご存知ですか?

透輝の滴(とうきのしずく)と言って、グロースファクターを複数含んでいて、実感度が高いと評判です。
透輝の滴(とうきのしずく)でほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴラインも消える?

公式サイトでお得なキャンペーン中なのでチェックしてみてください。

⇩⇩お得な透輝の滴公式サイトはこちら!
人生を変えるスキンケア訴求
ドクターリセラ<透輝の滴>

rUs