すでに出来たほうれい線を自分で除去するコツ

顔の筋肉は毎日1グラムの重力を受けていると言われています。

毎日1グラムずつ・・・たいしたことないと思いますか?

毎日ですから・・・積み重なるととんでもないことに!

この重力を受け続けた結果、ほうれい線は濃く長くなっていきます。

ほうれい線は年齢とともに濃く長くなるということは、この重力と関係していたのですね。

納得です。

そして、このほうれい線があるのとないのとでは、見た目年齢も変わってきます。

すでに出来てしまっているほうれい線は、消せるのでしょうか。

大丈夫ですよ。

顔の筋トレや美容性で消すことができます。

美容整形は、コストのことを考えると、まずは顔の筋トレから始めてみようかな?という方のために、1日10分のエクササイズを紹介します。

そもそもほうれい線の原因は、紫外線や喫煙、目の疲れや肩こりなどと言われています。

先ほどの毎日1グラムの重力も関係していますよ。

ほうれい線を薄くする方法として、コラーゲンを増やすということが挙げられます。

アンチエイジング効果がある化粧品を使うのもいいですね。

では、ほうれい線予防と改善エクササイズを紹介します。

1、 口は閉じたまま舌を唇の裏と歯茎の上につけて、大きく時計回りにゆっくりと回します。

2、「1」を3回転で1セットとし、左右交互に行います。

3、一緒に目も回しましょう。

おでこに手をあてて、額にシワが寄らないように注意してくださいね。

他にもあります。

歯ブラシの毛を下にして、歯ブラシを加えて口をすぼめ、ゆっくり吸い込み8カウントキープします。

歯ブラシの背で、ほうれい線の裏側を上から下に3回伸ばしましょう。

これは、ほうれい線撃退歯ブラシエクササイズです。

続いて、二十顎と首のシワに効く下スイングです。

正面を向いて両手を胸の前でクロスさせ、首をそらせて真上を見て、舌を出して左右に8回スイングさせます。

自分ではなかなか上手にエクササイズができないし、続けるのは面倒という人もいると思います。

ほうれい線はエクササイズだけでなく、整骨院でのツボ押しでもケアできます。

エクササイズやツボ押し、方法は様々ですが、ほうれい線が消えたらケアは終わりというわけではありません。

それでは、また新しくほうれい線ができてしまいます。

毎日ケアが大切ですよ。

何もしないで過ごした場合と、少しずつでも毎日意識して過ごした場合では、10年後に明らかな違いがあります。

エクササイズを続けることも大切ですし、アンチエイジング効果ある化粧品を取り入れてのケアも大切です。

ほうれい線を消して、見た目年齢を若返らせたいですね。

◆ほうれい線も消す!と人気の抗シワ効果が高いスキンケアは、透輝の滴(とうきのしずく)です。

ほうれい線だけでなく、目元のシワ、おでこのシワなど、目立たなくなりますよ。

顔にハリが出てふっくら若返る感じです。

シワで悩んだらモイストエンジェルスキンエッセンス、使ってみてください。
透輝の滴(とうきのしずく)の口コミとエイジングケア効果

us