口元のシワのほうれい線やマリオネットラインが酷いんです!

何を使うと良いのか、真剣にスキンケアアイテムを探すことにしました。

いろいろ検証した結果、3つのアイテムが気になりました。

透輝の滴(とうきのしずく)、ヒアロディープパッチ、ディアフルランの3つです。

それぞれ比べてみて一番いいなと思うのを使ってよかった体験談を書き出しました。

なぜ、こうなったかというと・・話は長くなります。

見た目が想像以上に老けている!

ある日、電車で私より年配と思しき女性に、席を譲られてしまいました。

その時私は病気でもなければ、妊娠もしていません。

単に親切な人だったんだなと思ったのですが、帰宅してその話を夫にすると突然吹き出して大笑い。

理由を尋ねたら、「お前の見た目が年上に見えたからだろう」というんです。

確かに私は最近顔のシワがひどいです。

50代に入ってから、特に口周りが目立つようになりました。

ほうれい線やマリオネットラインなど、老け顔と言われる顔にできやすいシワばかり。

でも私の年齢なら、あってもおかしくはないだろうと思っていたんです。

確証はありません。

本当にその方が親切心で譲ってくださった可能性もあります。

しかし周囲の人も、今思えば「なんで若い奴に譲るんだ?」という雰囲気ではなく、納得という空気だったのが気になります。

自分で思うよりも周囲の評価は厳しいなんて聞きますが、やっぱり私の顔は、それだけ老けて見えるってことなのでしょうか?

同年代なのに若く見える人がいるのは辛い

そんな折、学生時代から仲の良い友人と旅行に出かけることになったんです。

ですが友人は今でもとても若く見えるので、一緒に活動することで余計に私が年寄りに見えないか心配になってしまいました。

まだ「観光地はどこを巡ろうか」などと計画を立てている段階だったので、キャンセルを申し出たんですが、そこは長年の付き合い。

私の肌悩みについて看破されてしまいました。

ですが友人は怒るでもなく、むしろ助けになるかもと、自分が使っているスキンケアや過去に良かったものなどを次々に紹介してくれたんです。

私が特に気になったのは以下の3つ。

彼女の話に加え、メーカーの説明や世間での評判なども参考に、どれにすべきか考えることに。

80代の愛用者もいる「透輝の滴(とうきのしずく)」

1つ目の「透輝の滴(とうきのしずく)」は美容液。

利用者の年齢を限定しないのが特徴で、なんと80代の方もいるほどです。

下は30代、20代もいるのかなというぐらいなので、いくつになっても使える美容液と言えますね。

ステップとしてはブースター化粧品で、洗顔直後、普段のスキンケアの前に行います。

素材は沖縄の海洋深層水をベースにしているのですが、一般的に海洋深層水と呼ばれるのが200から400mほどなのに対し、透輝の滴は最低でも600m、最大で1400mもの深さから採取しています。

さらにやんばるの名水と呼ばれる沖縄の天然水をブレンド。

人体に近い構成で、馴染みやすさも魅力です。

主な効果は肌の調整と製品の抗菌。

抗菌は肌そのものに対して行われるわけではありませんが、製品の質をキープするのに役立っています。

ただ念のため、開封後は冷蔵庫で保管して欲しいとのことです。

また5つの添加物を除去の無添加なのもいいなと思いました。

パラペンや石油系界面活性剤、合成の香料と着色料、そして鉱物油が入っていません。

これらの成分で肌荒れを起こしたことがある方でも、安心して使うことができます。

肌を整える8つの成長因子

透輝の滴にはグロースファクター(成長因子)が実に8種類も含まれています。

ヒトオリゴペプチドからは1、13、21、オリゴペプチドは20、24、34とそれぞれ3種類入っているほか、アセチルデカペプチドとカプロオイルテトラペプチドの2種類です。

成長因子自体も、スキンケアに含まれることは少ないですから、今まで使ったことがない方も多いでしょう。

その分効果も期待できるのではないでしょうか?

初回は10日分をお試しで

透輝の滴はメーカーのインターネット公式サイトから注文できます。

初めての方にはチャレンジ10と題して、10日分サイズを選ぶことも可能。

通常は1ヶ月分ですが、容量を3分の1にし、値段も3分の1以上の割引になっているので、効果の見極めにおすすめです。

20日以内であれば返金保証も利用できますから、不安な方も損失なく始められます。

また良いと思ったら、ホームエスト定期便という定期購入のコースで続けましょう。

こちらは1ヶ月分を毎月送料無料で届けてもらえる上、定価の1割引で利用できます。

また毎月メーカーの別製品をプレゼント。

何が入っているかは届くまでのお楽しみですが、メーカーのDr Recellaはほかにもスキンケア製品を扱っているので、プレゼントでも肌悩みを解決することができるかもしれません。

⇩⇩お得な透輝の滴公式サイトはこちら!
人生を変えるスキンケア訴求
ドクターリセラ<透輝の滴>

マリオネットラインを中心としたケアなら「ディアフルラン」

2つ目の「ディアフルラン(Dia.full.run)」は、主にマリオネットラインのケアとして人気のクリームです。

乾燥ジワへのケアに特化していて、グリコシルトレハロースなど10種類の保湿成分を中心に構成されています。

またヒアルロン酸を鶏のトサカから抽出するなど、含有成分の質にもこだわっているのが特徴。

セラミドたっぷりの柚子エキスやコラーゲン様成分を含むアロエベラなど、天然成分も豊富です。

保湿だけでなく、ハリやキメ、抗酸化など、様々なトラブルに対応してくれます。

しかも超微細ナノ化テクノロジーによって、成分の角質層の内側への浸透を可能にしました。

外側から行うスキンケアの場合、良くても角質層に到達するものがほとんど。

ですがディアフルランならば、もう一歩先へ届かせることができるんです。

そしてディアフルランでも無添加には配慮。

こちらも5種類で、パラペンと鉱物油は透輝の滴と共通。

残りの3つはメタノールと香料、着色料です。

透輝の滴とは異なり合成の記述がないので、天然であれ徹底して取り除いているのかもしれませんね。

返金保証は90日

ディアフルランの場合は、最初から1ヶ月分のフルサイズでスタート可能。

基本は定価の30%引で続きますが、2回目になると35%、3回目は40%とよりお得になるタイミングがあるのは嬉しいですね。

透輝の滴と比べると、初回分の値段は(10日分換算でも)ディアフルランのほうが高めですが、定期購入をするとなると安いです。

返金保証も90日間と期間が長いことを考えると、初回分の高さもあまり気にならないかもしれません。

デメリットとして3ヶ月以上の継続が求められていますが、肌が悪化してしまうなどきちんと理由を伝えれば、3ヶ月以内の解約にも応じてくれるそうです。

また特典として、シワは消せる研究という小冊子がセットに。

ケアアイテムではありませんが、普段の生活でできるノウハウなどが詰まっていて、ディアフルランと併せて活用できます。

⇩⇩お得なディアフルラン公式サイトはこちら

ディアフルラン

「ヒアロディープパッチ」でほうれい線を徹底対処

最後の「ヒアロディープパッチ(HYALO DEEP PATCH)」はシートタイプ。

主に目元のシワをケアするもので、シートもまっすぐではなく少し曲がった形をしています。

ですが目元だけではなく、ほうれい線などほかの部位に使うことも可能です。

ただし毎日続けるのではなく、週に1回のスペシャルケアとして行います。

というのもシートには極小の針が無数に生えており、皮膚の隙間を塗って角質層へ成分を届けるため。

痛みはほとんど感じないようですが、肌への負担がある分、毎日は行わない方が良いのでしょう。

しかし針はヒアルロン酸をはじめとした美容成分で構成されているので、浸透と共に溶けてなくなってしまうのがポイント。

シートを剥がす時まで肌に負担をかける心配はありません。

また成分の浸透には5時間必要とありますが、シートを貼ったまま就寝することができますから、寝ている間にケアしてもらえば問題なく続けられます。

睡眠時間が5時間に満たない人だけ注意しましょう。

週1ペースですから、ヒアロディープパッチを使う日ぐらいは、睡眠時間に余裕を持たせても良いのでは?

保湿のヒアルロン酸とハリのレチノールでシワ対策

ヒアロディープパッチの場合はヒアルロン酸で保湿を行うとともに、レチノールで肌の弾力アップを助けてくれます。

レチノールはビタミンAの1種で、コラーゲンやエラスチンを補助する役目を持っている成分。

またハリには、ヒト遺伝子組み換えオリゴペプチドなどの成長因子も役立ってくれます。

ほかにも馬由来のプラセンタ加水分解コラーゲンによって肌の健康をサポートするため、ただ乾燥をケアするわけではないのが魅力です。

ちなみにヒアロディープパッチには、水が入っていません。

スキンケアの多くは原材料に水が記載されていることが多いですが、ヒアロディープパッチはなし。

その分美容成分で占めているため、効果にも濃密さが期待できるんです。

肌の潤いとシートの粘着力に注意

ヒアロディープパッチを使う日は、いつものスキンケアのラストに行いましょう。

化粧水などで肌表面をきちんと潤すことで、ヒアロディープパッチの成分をより浸透しやすくしてあげます。

ただ乳液やクリームの場合、油分でシートをずれやすくしてしまう可能性もあるので、貼る前に肌の状態をチェックしましょう。

まだ乳液やクリームが残っているようなら、ティッシュやコットンでオフしてから使います。

寝ている最中に剥がれてしまったらもったいないです。

期間と割引率で3コースから選択

ヒアロディープパッチは、継続期間の縛りと割引によって全部で3つの定期コースが用意されています。

透輝の滴やディアフルランと比べると、定価自体が最も安いです。

ただ、そもそも週に1回しか使わないので、1回分の値段として考えてしまうと割高かもしれません。

計算するなら透輝の滴やディアフルランは値段を30で割りますが、ヒアロディープパッチは4でしか割れませんから。

コスパの問題は、どう捉えるかで製品の優劣が変わるでしょう。

さてコースの内容ですが、継続期間のないお試しコースと9ヶ月継続の基本コース、そして1年続ける年間コースとがあります。

割引率は継続期間が長いほど高くなり、お試しなら10%、基本は15%、年間で20%です。

ちなみにお試しコースの場合、返金保証にも対応

15日以上使っており、発送から25日以内に連絡すれば応じてもらえます。

⇩⇩お得なヒアロディープパッチ公式サイトはこちら!

口周りの年齢サインに『ヒアロディープパッチ』

返金保証の長さと値段からディアフルランに決定

色々考えた結果、まずディアフルランをはじめて見ることにしました。

透輝の滴は成分が良さそうでしたが、値段が高いのと返金保証の期間が短い点で後回しに。

ヒアロディープパッチはやはり1回分のコストを考えた時に「高いのでは?」と考えてしまったのと、毎日続ける方が効果は良いのではないかと思ったんです。

ディアフルランはお試し製品がないものの、90日以内なら初回分の返金申請が可能ですから、スタートにおける損も時間ぐらいかなと。

何より、きちんとした理由があれば、3ヶ月以内でも解約できるという配慮は気に入りましたね。

いつものケアのラストに使うだけ

ディアフルランはクリームということで、使うタイミングはいつものスキンケアの最後です。

化粧水や乳液はもちろん、ほかに美容液を使っている場合でも併用が可能。

シミやニキビなど、ほかにもトラブルを抱えている場合でも一緒にケアができますよ。

後は気になる場所には重ねづけをするぐらいで、凝った手順がないのも良いです。

私の場合、最初に変化がでてきたのはハリですね。

ほうれい線やマリオネットラインなどのシワはまだ残っている段階でも、頬を中心に肌がふっくらしてきました。

肌全体に弾力が戻っていくことで、徐々にシワも目立たなくなるという流れのようです。

返金保証の90日を迎えることには、ほうれい線やマリオネットラインも小ジワがあるぐらいで、それ以外の場所もよくて短いものが1本2本ある程度。

スッピンでも気づかれにくくなりましたし、メイクをすればほぼ見えません。

肌自体も弾力だけでなく、スベスベとした触り心地になってくれて、「そういえば無くなったなあ」と夫も感心しています。

友人との旅行も安心して行けそうです。

まとめ

見た目以上に年を取って見えてしまう老け顔。

年齢がそれなりに上がってきても、相応程度に抑えたいものですよね。

ケア製品はいくつかありますが、私は美容クリームのディアフルランがとても合いました。

ただ透輝の滴は最初のステップで使う美容液です。
透輝の滴(とうきのしずく)でほうれい線やマリオネットライン、ゴルゴラインも消える?

ヒアロディープパッチは週に1回のスペシャルケア。
ヒアロディープパッチは、ほうれい線やゴルゴライン(目元の小じわ以外のシワケア)にも良い?

成分や使い方の好みで選んだりもいいですね。

1つでは解決しない時やお財布に余裕があれば、併用するともっと良さそうです。

私と同じ年代、いえそれ以上の方でも、もう無理だと諦めるのはまだ早いかもしれません。

ディアフルランなどのケアアイテムを使って、年相応以上に若い美肌を取り戻しましょう。

⇩⇩お得なディアフルラン公式サイトはこちら

ディアフルラン